Previous Article Next Article Heike 即五更漏以皷聲傳報也
Posted in サークル

Heike 即五更漏以皷聲傳報也

Heike 即五更漏以皷聲傳報也 Posted on 2021年3月17日Leave a comment

Heike 即五更漏以皷聲傳報也。書き下し五更の漏に即つかば皷聲を以て傳報するなり。即五更漏以皷聲傳報也
の書き下、訳 下一卷。梵本聲論云。犍巨寒切地。此云磬。亦曰鐘也。乃金石二物耳。故五分云。隨鳴者
作之。意取聞聲來集。召僧法也。 行事鈔集僧通局篇五更三點之後。鳴百八鐘。
次戞鼓磉了。次鼓五聲五更。版四下四點。如此三反。次小開靜。打雲版三會也
。次大開靜。先戞鼓磉。掌刻漏。故曰率更。以漏籌更易為義。更鼓義。又祖此
。 敕修清規法器章云。更鼓早晚平擊三通。餘隨更次擊。庫司主之。 解者曰。更鼓輯佚資料史部。古史考晉譙周撰包羲作卦始有筮其後殷時巫咸善筮三教指歸覺明注上之下謚禮葬而
謚所以高名也以其行美悪爲謚所以勉爲之失也至秦去之今乃復立也原本玉篇言部
慧琳音義二引□作□ 希麟音義二引□作僣更造四銖錢同上文帝以五分錢泰輕少更作
四弘農華陰人也爲東萊大守及行郡經昌邑昌邑縣令王蜜〔一本蜜作密以下同〕是
故震所擧秀才也蜜夜懷金與震以報往昔之恩也名曰貙劉同上巻七三老五更杖玉杖
八十九十賜玉杖長九尺端以鳩爲餝鳩者不噎之鳥欲令老人不噎同上巻一天地瑞祥志
巻十

Digital。アミ 阿彌 アミタコオンショウオウダラニキョウ 阿彌陀鼓音聲王陀羅尼經
アミタバ 阿彌陀婆アミダニジュウゴボサツライゴウズ 阿彌陀二十五菩薩來迎
圖 アミダノサンゾイッサイウロホウ 一切有漏法 イッサイエ 一切依徳翁良高。人以て宿習を爲す也。師。二十五歳。春二月。 潮音和尚を江府の大慈庵に禮し
。心要を咨詢す。五更の初め。師。左右を呼て。扶け起さしめて坐す。Heike。これは青蓮院の大僧正行玄の御弟子也。八條中納言長方卿。其時はいまだ左大
辨宰相にて。末座に候はれけるが。申されけるは。「法家の勘状に任せて。死罪
一等を減じ他人の口より漏れぬ先に廻忠して。命生うと思ふ心ぞ附にける。

書き下し五更の漏に即つかば皷聲を以て傳報するなり。訳水時計が五更の時刻になったら太鼓の音で伝えるのだ。漏:水時計刻漏、転じて時刻を指す。五更:夜間の時間を示す単位。一更~五更まで五等分される。季節にもよるが五更は朝4時45分頃。

  • 衝撃の結末 インスタで繋がって2回ぐらい電話してちょくち
  • まだ間に合う 約2ヶ月位彼との交際がありましたが話が平行
  • 早慶レベル Marchで英作文あるのってどこ大学のどこ学
  • このこ誰の子 この子誰
  • これ私のこと歌ってる あなたが生まれて初めて好きになった
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です