Previous Article Next Article 進駐軍が街にやって来た 第2次大戦のあ日本きたアメリカ進
Posted in age嬢

進駐軍が街にやって来た 第2次大戦のあ日本きたアメリカ進

進駐軍が街にやって来た 第2次大戦のあ日本きたアメリカ進 Posted on 2021年3月17日Leave a comment

進駐軍が街にやって来た 第2次大戦のあ日本きたアメリカ進。輝かしい軍歴を持ち、50歳の若さでフーバー大統領によって陸軍参謀総長に任じられた1930年マッカーサー少将を知らない米人は少ないでしょう。第2次大戦のあ、日本きたアメリカ進駐軍って実質左遷のようなのだったんか マッカーサーでアメリカ本国でほぼ無名の人だそう
そうなる日本配属って日本の企業でいえば
東京地方飛ばされるようなのだったんでょうか 第2次大戦のあ日本きたアメリカ進駐軍って実質左遷のようなのだったんかの画像をすべて見る。進駐軍が街にやって来た。日本の占領の準備をアメリカが他の連合国軍に先だって行うというのはある意味
。妙な話ではある。極東軍」と改称が実質的に占領を担当し。麾下の第軍
と第軍 及び極東海軍のうちこれに対し。連合国最高
司令官発大本営宛電報月日午後接受「来電号」を以って。マニラ使節の
派遣は降伏文書への署名調印を目的とするものではない旨を答えた。
ギャリソン?キャップを被った士官「第次大戦米軍軍装ガイド」より

輝かしい軍歴を持ち、50歳の若さでフーバー大統領によって陸軍参謀総長に任じられた1930年マッカーサー少将を知らない米人は少ないでしょう。大不況で生活に窮し、恩給の前払いを要求してワシントンでデモをしていた旧軍人を暴力的に追い散らしたり、派手な結婚と離婚を重ねるなど、公私とも「有名人」でした。高齢で退役後、米比軍の指揮を執るよう比島に派遣されていたマッカーサーは、宣伝が巧みで優勢な日本軍に包囲、孤立させられても、本国のマスコミに抵抗をアッピールし続け、勝利の象徴となったので、日本軍の捕虜にさせるわけにはいかず、ワシントンは、オーストラリアに脱出を命じます。その後、対日反攻戦を陸軍のトップとして指揮をとり続け、遂に占領軍総司令官となって、極東アジアの帝王になる。大西洋軍総司令官で、1952年に大統領となるアイゼンハワーは、ワシントン、フィリッピンを通じてマッカ-サーの副官で、自己顕示欲を嫌っていたGHQのトップに就いたマッカーサー元帥は、日本占領後にも、比島から苦楽を共にしてきて来た側近らバターン?ボーイズのみを重用し、イエスマンに取り巻かれていたので、占領した日本に赴任してくる米人はやる気がなかったでしょう。事実、日本改革をデザインした平服の米人は、ニューデイラーといわれ米国内にあっても、孤立した考えの人々でした。でも、旧敵国日本を占領して、内側から替えていく仕事だから、左遷人事ではありません。左遷ではなく通常の人事異動です。広いアメリカでは将来大統領になる人であっても全国的に有名なんてことは有り得ません。地方で実績を挙げれば認められて中央で活躍できるようになるかもってだけです。マッカーサーは連合国最高司令官です。今は、無名かも知れませんが、凱旋帰国したときは、米国国民から大歓迎を受けました。また、大統領に立候補してもいますし、後に映画も作られてます。最後に降伏した国に進駐させるのが左遷のはずありません。極東に興味がない、進駐を命じられた方は左遷だと感じたかも知れませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です