Previous Article Next Article 赤い実の秘密:鳥が教えてくれること3 植物いうの鳥や動物
Posted in ボランティア

赤い実の秘密:鳥が教えてくれること3 植物いうの鳥や動物

赤い実の秘密:鳥が教えてくれること3 植物いうの鳥や動物 Posted on 2021年3月13日Leave a comment

赤い実の秘密:鳥が教えてくれること3 植物いうの鳥や動物。種子は、動物散布だけではないことは理解している前提として、ナス科の植物は、例えば、食べさせてからはかせるとか、下痢させるとか、そういったことを目的にしている可能性もあります。唐辛子関する質問

植物いうの鳥や動物種運んでらうため、食べやすいよう甘みな成分った実つけるのだ思 なの唐辛子どうて辛いのでょうか 誰食べてらうため辛いのでょうか 種子散布。赤い実を食べた」と。子どもの頃に歌った人も多いだろう。この赤い鳥は何の鳥
だろう。その前に。自然界にはそもそもなぜ果実フルーツがあるのだろう
。 モモやそれらは現在の栽培種に比べ。小さくて。甘みも少なかっただろうが
。果実にはちがいなかった。といっても植物がサルや鳥のために一方的に果実
をつけてやらねばならない理由はない。一言で言えば。果実は。動けない植物
が鳥やケモノに種子を運んでもらうための報酬として進化させた道具なのである

植物いうの鳥や動物種運んでらうため食べやすいよう甘みな成分った実つけるのだ思の画像をすべて見る。赤い実の秘密:鳥が教えてくれること3。そこでタンポポのように種子に綿毛をつけて風に乗せたり。オナモミ「
ひっつき虫」と呼ばれるのように人や動物にじつは植物はこれらの鳥に果実
を食べてもらい。種子を遠くに運んでもらうために。小さな赤い実を進化させた
のである。果物屋で売られているような。大きくて立派なフルーツを作ったの
は。果樹の育種家の人たちであるが。私たちの祖先そしておいしい果実を
見つけた祖先は。その果実をいつでも身近で採集できるように。食べたあとの
タネを自分たちが

種子は、動物散布だけではないことは理解している前提として、ナス科の植物は、例えば、食べさせてからはかせるとか、下痢させるとか、そういったことを目的にしている可能性もあります。そのことで散布させるという。ナス科の植物には毒があるものも多く、そういった戦略をとっているものがあると思われます。実際に辛い成分がそのような役割を果たしているかどうかは論文があるかどうか知りませんので、わかりませんが。また、人間が辛いと感じるからといって鳥が同じように感じるとは限りません。辛みによって辛味を感じない動物のみに散布させているかもしれません。甘くなるのは別に狙ったわけでなくたまたま発酵したらその過程で甘くなるだけ。それを知った動物たちが頃合いを見て食べにくるだけ。そして種がまかれるのはその結果でしかない。唐辛子はたまたま辛くなるだけ。青い時から辛い方でさらに辛さが増した感じ?種子の皮としては種子が完成すれば守る必要はなく落ちやすくする方が流れ。渋さ?辛さ?酸っぱさは種子製造中の保護の状態。熟成は誰かに取ってもらうつもりではなく自分で落とす作業。そのための皮の腐食?発酵。野生では美味しすぎて1個体が全部食べてしまうような果実では、運ばれる先も1ヶ所になってしまうので、食べられるけどあんまりたくさんは食べられないという所を目指した方が、多くの個体に食べられたくさんの場所に運ばれるので有利です。もともとはたくさん食べられ無いようにするための成分が辛みですが、香辛料として使うために品種改良でいろんな強さの辛さの唐辛子が作られています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です