Previous Article Next Article 自己相似図形 S_n+1S_nで除いた領域自己相似的縮小
Posted in ニュース

自己相似図形 S_n+1S_nで除いた領域自己相似的縮小

自己相似図形 S_n+1S_nで除いた領域自己相似的縮小 Posted on 2021年3月18日Leave a comment

自己相似図形 S_n+1S_nで除いた領域自己相似的縮小。。以下の「証明」、間違っているのでょうか

命題 円周率π=2

証明

R^2の領域S_n (n≧1)、以下で定義する:

S、原点中心、半径1の半円
S:={(x,y)∈R^2; x^2+y^2≦1, y ≧1}

S_n、S、弧S共有する、中心(±(2
k 1)/2^n, 0) (k=1, 2, 3, , 2^(n 1))、半径2^( n)の半円2^n個取り除いたの
たえば、S_1、S以下の2つの半円除いたの
?中心( 1/2, 0)、半径1/2の半円で、弧x軸の一部であるの
?中心(1/2, 0)、半径1/2の半円で、弧x軸の一部であるの
S_(n+1)、S_nで除いた領域、自己相似的縮小た領域覗いたの

χ_A領域Aの特性関数する
つまり、χ_A(x) = 1 (x∈A), 0 (x?A)
φ?Sの、φ_n?S_nの法線ベクトルする

χ_(S_n)(x)div(φ_n)(x) → χ_S(x)div(φ)(x)である、
∫_R^2 χ_(S_n)(x)div(φ_n)(x) dx → ∫_R^2 χ_S(x)div(φ)(x) dx

∫_R^2 χ_(S_n)(x)div(φ_n)(x)dx = ∫_(S_n) div(φ_n)(x) dS_n
∫_R^2 χ_S(x)div(φ)(x)dx = ∫_S div(φ) dS

ガウスの発散定理
∫_(S_n) div(φ_n)(x) dS_n = ∫_(?S_n) d?S_n = π + (π/2^n)*2^n = 2π
∫_S div(φ) dx = ∫_?S d?S = π + 2
?S、Sの境界向き考えたの

よって、
2π → π + 2 (n→∞)
∴ 2π = π + 2
∴ π = 2自己相似図形。行と行が,再帰呼び出しを利用してを,で変換して描くことにより
と を描く部分である。 行で指定する定数は,,の縮小率と描画
領域の縦横方向のピクセル

フラクタル符号に基づく圧縮領域における類似画像検索。像検索手法を提案する.フラクタル画像圧縮は同一画像中の自己相似領域を探索
し,対応領域を縮小 写像として表現し,圧縮符号として記録する.この写像情報
は,画像の空間領域における相似領域の 関係に基づいた構造表現と見なすことが「自己相似」の英語?英語例文?英語表現。自己相似を英語で訳すと – – 約万語ある英和辞典?和英辞典。
工程3では。工程2で決定した閾値関数を用いて。自己相似タイル内の各相似
縮小領域に閾値を割り当てる。断片的自己相似過程を用いる通信トラヒックの
評価方法及び評価装置例文帳に追加生成規則取得部12は。仮想的な縮小写像
族を用いて構成された自己相似集合の重複アドレス集合全体が基本アドレス集合
Mと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です